【イオンカード】クレジット審査に通る3ポイント!WAONも貯まる ※口コミ・評判・申込

利便性に徹したイオンカード

2015年08月01日 06時42分


国民一人当たりの平均所持枚数が2、3枚と言われるクレジットカード、お買い物や急な入り用の際に大変便利ですが、その他にも様々な不可特典が付与されており、上手に使えば快適ライフに大いに役立ちます。イオンカードも例外ではありません。

イオン本体に機能を発揮するWAON一体型、イオン銀行とセットのセレクト、テナント利用の際にお得な各種カード等、用途に応じたラインナップが出そろっています。


その利便性やお得感故につい見落としがちになるのが、使用の際の手数料とその仕組みではないでしょうか。

手数料が必要なケースと必要ではないケース、手数料の率はどれほどのものか、改めて問われて、スムーズに答えることが出来る人はそうはいらっしゃらないはずです。お買い物の際のカード決済は後日カード会社が利用者の口座から利用金額を引き落として初めて完済となり、それまでの間はカード会社からお金を用立ててもらっているに過ぎないのです。
 

お買い物と借り入れの仕組みの違い


では、イオンカード利用時のお買い物と借り入れで、仕組みはどう違うのでしょうか。

前者の場合は、1回払い及び1万円以上での2回払いをのぞいて、3回払い以上の支払い設定から適用されます。

後者は言わば借金に当たるため当然のことながら、返済方法の如何に関わらずその全てにおいて適用されます。金利は両者ともに、利用者の年収や資産、信用状況に異なり、イオンカードの場合は8%から18%の間で設定されいます。

イオンカードをお持ちの方は明細書に詳しく記載されていますので確認が可能です。一般的にクレジットカードでの借り入れは、ローンカードと比較するとかなり高金利に設定されていますので、余程急を要し、且つ枠を多めに設けていても少額利用に限った方が無難です。

また、借り入れ枠はお買い物枠に含まれていますので、場合によっては借り入れ希望額に満たないこともあり、この点も注意が必要です。更に返済を行う場合ですが、一括返済はもとより、繰り入れ返済についても金利面で些かなりともお得になることを念頭に置いて置かれると良いでしょう。